漢方から冷え性を考える

基本的に欧米医学では「冷温」という病名はありません、だから「冷え性」って診断陥ることはないのです。ただし漢方医学には「ひえしょう」には「冷え性」といった「冷え症」の2通りの左右があり、 健康が冷え易い「慣例」のことを合算して「冷え性」と言います。そうして、その疾患として 「冷え症」があります。具体みたい疾患には手足が冷える、歩きが冷えて素晴らしく眠れなかったり、エアコンにあたるという、胃腸を薙ぎ倒したり、というものがあります。更に女性に多いことで知られています。主な事由には自律神経の狂乱が考えられます。自律神経が乱れると、体温遠慮がうまくいかなくなり、パフォーマンス、冷え性を引き起こします。では、なんで冷温はいけないのか、それはただカラダが冷えて苦しいというだけでなく、冷温がさまざまな疾患、腰痛や低血圧などを起こし、それゆえ、また大きな疾病いの原因にもなりかねないからなのです。漢方医学は身体の中のはたらきをよくして、疾患を改善していくことを目的としているので、冷え性の診療は巧み部門に入ります。ひとくちに冷温といってもひとそれぞれの慣例や事由にて、薬の内容も変わってきます。それゆえに、しっかりした漢方医に問診を受けることをおすすめします。自分の食事や身の回りも見直す必要があるかもしれません。